お車のナンバーを認識し管理する画期的なシステム

ロックレスパーキングは、従来あったロック板(フラップ板)を廃し、
車室後部の監視カメラがお車のナンバーを認識し管理する画期的なシステムです。

ロック板を廃すことにより、車両と駐車場機器の接触、精算後の機器の作動不良等の問題を解決し、入出庫も容易になりました。また、駐車場全体を防犯カメラが24時間監視していますので、車上荒し等の抑止効果もあります。

ナンバー認証システムの仕組み

メガピクセルカメラ(3M)と、ナンバー認識ソフト。この新システムが、昼間はもちろん夜間でも確実にナンバーを認識。これにより、車両をしっかり特定して入出庫を管理できるため、ロック板は不要に。
しかも、インターネット回線を利用して、場内の遠隔監視や、過去の画像検索も可能。駐めやすく、トラブルのない、新世代の駐車場を実現します。

より多くのお客様に安心して駐めていただけます。

  • ロック板を乗り越えなくてよいので、圧倒的に駐めやすく。場内での接触事故などを減らすことにつながり、車高の低いクルマでアンダーボディをこする心配もなくなるため、より多くのお客様に安心して駐めていただけます。
  • 清掃がしやすくなり、いつもきれいな車室で、お客様に気持ちよく利用していただけます。 また、メンテナンス費用の軽減にもつながります。
ロック板 ロックレス
車室への入出しやすさ
歩行時のつまづき事故等 多い 少ない
出庫時のロック板の確認 必要 必要なし
ロック板のメンテナンス 必要 必要なし
車両への損傷トラブル ある ない
不正出庫による機器の損傷 ある ない
不正駐車の検知、記録 できない※ できる
事故・不正行為の把握 できない※ できる
機器のトラブル時の緊急対応 必要 必要なし

 ※防犯カメラを設置していない場合

みなさまから寄せられる質問とその回答を掲載致します。

Q. うっかり料金を精算せず出庫した場合の対応は?
A. ナンバー認識カメラで、駐車車両のナンバーを撮影しているため、車両を容易に特定することができます。遠隔操作で、再度課金させて頂きます。
Q. ナンバープレートを隠して入場してきたり、車室のカメラ部分を隠すなど、故意の不正があった場合は?
A. 場内のモニターカメラが常に作動しているので、不正行為はすぐさま発見できます。
また、車室のカメラ部分を隠すと、エラー信号がコールセンターに送られます。
いずれの場合も、警備員が現場に急行し、対応いたします。
Q. 場内で起きた事故、不正行為、トラブルなどが発生したときの対応は?
A. 24時間対応のコールセンターで一時受けをし、適宜、整備会社などに緊急出動を要請します。
Q. 知らずに出庫してしまうようなことはありませんか?
A. 課金中と精算済みの表示が出ます。課金中に人が近づくと、精算を促すアナウンスが流れ、注意を喚起します。